2015年12月10日

『ホワイトレイの哲学』I


第10章 「クリスマスのメッセージ」より 



 私たちはみなさん一人ひとりを、弱さと強さ、力、そして欠点を含めて愛しています。私たちの本質はみなさんと異質なのでしょうか? みなさんが犯した失敗や、なした成功を私たちは経験していないのでしょうか? 
 私たちは同じ喜びや試練の道を歩いたのです。眼と心を開き、神の力の顕現に同じように驚嘆し、畏敬の念を抱いたのです。みなさんより先に私たちは知識と愛の源泉から力を得ており、そしてみなさんをやさしく見守っているように、私たちもまた先に進んでいる方々から見守られているのです。 クリスマスというこの時期、みなさんは神の最も偉大な子供のひとりが地上へ誕生したことを祝います。その日が他の人々へ友情、親善、親切、寛容、許し、そして愛の思いを送るために使われるならば、誰かがこのときをどれほど祝っても無駄でないのではないでしょうか?
 もしスピリチュアリストを自称するあなたが自ら口にするように霊の世界に信頼を置くなら、もし私たちがもたらせる愛を信じるなら、私たちの言葉やメッセージを聞きにスピリチュアリストチャーチやテンプルに足を運ぶなら、心が成長するために私たちの言葉を記した本を読むなら、その聖なる日にこう自問しはしないでしょうか―

 「私は仲間に正しいことをしているだろうか? それらの教えに本当に従っているだろうか? 私は本当に人を許し、親切で、寛容で、そして霊的であるだろうか―それともただそのフリをしているだけだろうか?」

 少年イエスは大人になって、石をぶつけられたり、霊的な重大性に向き合ったからといって奉仕に赴くのをやめたでしょうか?
 みなさんの多くは自分たちの小さなサークルにおいて、愛する人が身近にいること、そしてまた私たち霊が周囲で見守りメンタルな交流があると知っていることからくる喜びを感じていることでしょう。そんな瞬間にもみなさんよりずっとずっと過酷な試練に直面せざるを得ない人々のことを忘れてはいけません。彼らにとってその道はとてつもなく孤独で寂しいものに思えているのです。
 聖者が生まれたその日に、あなたの内にある神聖なるものもまたすべて誕生させましょう。霊性の本当の理解は最高の喜びを与えてくれたとあなたの魂がひしひしと感じるよう、ずっと以前にあなたに示された神聖な慈愛と思いやりを実践しましょう。


posted by AMR at 20:59| 『ホワイトレイの哲学』 | 更新情報をチェックする