2015年10月25日

『ホワイトレイの哲学』F

【第四章】霊媒へのアドバイスより





―南アフリカ在住の男性からの手紙です。彼はホームサークルに参加していて、霊媒能力をどう発達させるべきかあなたのアドバイスが欲しいそうです。「私は大霊と人類のために心底奉仕したいのです」と彼は書いています。



 私はこの誠実な探求者に「利己的な望みなしに前に進みなさい」と言います。あなたの心と魂の中で他者への奉仕に勝る喜びは人生にはないことを知ってください。人々を肉体的・精神的に楽にし癒せること以上の大きな賜物はありません。奉仕することができる者には実際に神の祝福が与えられるのです。そしてたとえ彼らの賜物が発達する以前でさえ、その心に他者を慰め奉仕する情熱があるならば本当に感謝の念を抱けるのです。大霊の力が流れる謙遜なる道具であること以上に偉大な功績はないからです。

 友よ、思い切って先に進みましょう。他者への奉仕の道は本当に茨の道で、躓いたり、落ち込んだり、そしてある者は傷を負う道です。試練や辛さ、悲しみにあふれた道です。しかしそういった試練や辛さや悲しみの背後、それらすべての背後には、自らを忘れ、身勝手から生まれる自惚れをなくした者だけにやってくる大いなる喜びが待ち受けています。

 霊媒はときに恩知らずなことをされ、おそらくそのために彼らはその仕事に背を向けてしまいます。私たちが得た最高の道具の幾人かもそうでした。なぜなら大霊の仕事を行なっていると心の中で知り、自分の利得のためではなく、自分が人々から崇拝されたいという私たちの胸を悪くさせる思いを持つことなくまじめにやっているかぎり、まわりの意見など取るに足りないことを彼らが悟っていないためです。

 これは耳障りが良くないかもしれませんが言わなくてはなりません。あなたがたの世界の賞賛は深い愛情を伴うものではありません。崇敬は大霊に向けられるべきです。賛美や感謝の歌は大霊に捧げられるべきで、奉仕者は自分が偉大だと考えてはいけません。ちょうど私たちが「地上に現れることができ、進化できる特権をいただき、われわれはおんみに感謝いたします」と言うように、彼らは「大霊よ、癒しの特権をいただき感謝いたします」と言うべきです。私たちは奉仕の仕事をする人々の間に不満や嫉妬があるのを見るとときおり引き返したくなります。
 あなたが期待したメッセージではないかもしれませんが、私はこれを強調します。私たちは調和のみを求め、そして大霊からみなさんへの贈り物として、その中であなたが親交を持つことを求めます。それはあなたがこの世を超えた大いなる何かのうちに生きていることを悟ることができるため、内なる霊を発達させるため、真実の自分にまで高めるためです。

 ですから精神と肉体のどちらかを病んでいる人々の中に入って仕事をしようとする霊媒の方々に対して私は言います―賜物を発達させなさい。友よ、あなたは良いスタートを切れます。あなたの質問は、あなたの精神と心が誠実であることを示していて、それは良い仕事のための基盤なのです。

(つづく)