2017年05月21日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より B

精神の鏡



 初期の段階では初心者は意識がどのように働くかを理解することが不可欠である。これは意識を鏡とみなすことにより単純に説明することができる。この鏡にはあらゆる物質レベルの思考、感覚、痛み、そして五感から起こる経験が投影されている。生きている間その鏡はある印象、心像、記憶からの想起等あれやこれやから決して自由になることがない。人が「見た」とか「聞いた」とき、それは目や耳が見聞きするのではない。それらの器官は波長の放射や刺激を受容し、神経組織を通して脳に伝えられ、そこで意識の鏡に投影される認識できる経験として「翻訳」されるのだ。聞くという行為において音刺激は、言葉や理解している意味へどう解釈するかという知識の力により、その意味するものが知的な理解へと変わる。
 「精神の鏡」という表現は本項を通して頻繁に用いられるので、読者はその働きを明確に理解することが重要である。
 私たちは通常の精神を通した肉体的知覚に加え、霊的精神を有している。これは霊的始原からの心像や経験、印象の受け取りに関わっている。精神の鏡は物的経験によって占められていないときに、それら霊的経験を受け取れるのだ。
 意識はまったく別の思念の印象を同時に保持することができない。それゆえ霊能養成中の霊媒は精神の鏡から物的思念をクリーンにするやり方を学び、霊の思念と印象を受け取れるようにする必要があるのだ。物的対象についての思念はその鏡に映像のように描写される。たとえばあなたが目を閉じて鉛筆のようなありふれた物体を思い浮かべたとすれば、それは本人が抱いているような性質を持った映像として鏡に投影される。仮にその鉛筆はシャープペンシルだと修正をうけたならば、その映像は普通の木製のものから銀色の自動送りのものへと変わる。もしその人がシャープペンシルがどのような形のものか知らなかったなら、彼は鏡にいかなる映像も映すことはできない。このようにしてもし指導霊が鉛筆という想念を伝えようとすれば、その鏡はある特徴を持った鉛筆の像を映し出すのだ。
 指導霊が「母親」という思念を伝える場合が他の例になるかもしれない。鏡は思い出したり描写されたりした一般的な母親像のうち、その人が自然に思い浮かべるものを映し出すのだ。この点については霊視を考える際に詳細に取り扱う。当面の目的は通信霊から「見たり」「聞いたり」する方法の概略を述べることである。
 このように私たちは肉体的精神が霊的精神と密接な調和をとって働くこと、そして共に意識の鏡という共通の出会いの場を持っていることを認める。
 同様のプロセスはインスピレーション談話、入神談話にも当てはまる。その場合指導霊は一連の思念を霊的精神を通して鏡面上に伝達し、そこで霊媒の使用言語や知識に従ってその思念を表現するため言語に置き換えられる。もし彼が語彙が豊富ならば、霊からの思念は語彙の貧弱な者よりうまく表現される。霊媒の精神は素養があるほど霊能の表現は良いものとなる。
 したがって初心者への初期の指導としては、指導霊からの思念の印象を受け取るわざを、調和・親和性を得る能力を伸ばすことによって磨くことであり、その方法は以降の項において述べる。