2017年06月04日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より D

空白の精神




 きわめて多くの初心者は彼らの精神が「空白」(無意識の状態)になるように、そして大多数のシッターはこの状態になることを期待する。この「空白」が意識ある状態に取って替わるまで先に進もうとしない人もいる。この点をはっきりさせよう。精神が「空白」になることはまず不可能である。この状態を意識的に生み出せる者は誰もいない。私たちに意識がある以上、精神の鏡は何らかのありかたで映し出されているはずなのだ。睡眠時でさえ私たちの精神は100%無活動ではなく、音や肉体的刺激に気付く。精神の鏡は決して空白にはならない―麻酔下においてさえ精神は機能している。夢は精神の活動の結果だ。夢では心像が鏡にときに不条理な形で投影され、思念が自分のコントロールを逸脱して放縦に展開する。それらの印象が強い場合に私たちは覚醒時に思い出すのだ。
 霊媒の中には、その能力をロマンティックに見せたり威光を高め強く印象付けたりする目的で、彼らの精神はトランス時やコントロール下において完全に空白になり、「起こったことは何も覚えていない」と言うかもしれない。その発言を文字通りは受け取りにくいのだが、何事にも例外はあるので全否定もしがたい。霊媒がトランス下で起きていることに完全に無意識になるのは「物的霊媒現象」のようなきわめてまれなケースだけというのが私の意見だ。
 実際はその間逆で、コントロール下の霊媒の精神は緊張し、指導霊が精神を用いるのに従いその働きは迅速に、過活動に、過敏になるというのが真実なのだ。通例トランス下の霊媒はいかなる不意の音や刺激に対してもきわめて脆弱になり、反応は一層痛烈になる。大事な点は、霊の影響下でなされたことや言ったことに対し責任はないにせよ、起こっていることは常に分かっているということだ。
 そういうわけなので、初心者は空白の精神は生み出せないので、得ようと執着すべきではない。