2017年06月11日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より E

初期の発達




 発達の初期の頃は準備されたレギュラーサークルのときだけ座るべきである。初心者のシッターはコントロールされるために決して一人で座ってはならない。適切なサークルにおいて経験を積んだ霊媒が同席する場合のみ座るべきである。座っている際の第一の目的は、瞑想を通じ肉体意識を放棄することで霊的精神が優位になるようにし、精神の鏡に印象を与え、それをシッターが記憶に留めることであるべきだ。
 シッターは指導霊が彼を通し印象を伝達するのをすすんで受け入れなければならない。
 誰の精神も決して空白にはならないのだから、シッターは快適に座り、こだわりは捨て、それから穏やかに何かしらの霊的な想念のたぐいを瞑想し、精神を言うなれば「白昼夢」とか「空中楼閣を描く」というような状態に置く。これを行なうに際し霊的な目的があるべきである。美しい事柄、花、庭園、病人を癒そうとする、人類に救いの道を示す方法を探す、等を沈思瞑想することがありうる。心の内奥では気高い霊的な性質の考えや心像が流入することを待ち望むべきであり、そしてやってきたならばそれを潜在意識で歓迎し、ただそのまま引き続き流れ込むに任せるのだ。このようにして精神は静止しつつ、記憶すべき霊からの心像を受け入れる状態を穏やかに生み出せるのだ。
 ある心の状態から他の状態への不意の断裂はない。それは霊媒の瞑想からの善き想念と霊的始原からやってくる想念との穏やかでムラのない融合だ。たとえるなら二つの思考の流れが合流するようなものだ。両者に境界線はない。霊的通信が最初にやってくるのはこのようなありかたであり、シッターの指導霊からの想念の流入に意識が気付くよう、それを精神の鏡に投影するのである。