2017年06月25日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より H

波長




 これは心霊サークルではよく使われる言葉だ―たとえば「指導霊がある波長でやって来ましたね」のように。それゆえ「波長の混線」等もあるのだ。この言葉はしばしばあいまいに、ときにちゃんとした理由もなく用いられている。
 すべての物質は固有の振動もしくは放射をしていることを私たちは知っている。そしてこれは「思念」にも同様に当てはまるのだ。放射物を受信するときは送信機と受信機との間に調和もしくは伝達しやすさがなければならないことは自明の理だ。トランス状態や直感による霊能では指導霊から霊媒の精神へ受け取られるのは、放射・伝達された思念なのである。ここでは「波長」のみが問題となる。異なる思念が異なる波長を生み出しうるのは事実で、もしそれらが意識の鏡に同時に影響を及ぼすなら混乱が生まれるのだ。このことは二人に同時に話しかけられたら聞き手はそのどちらも把握できないたとえで理解されるだろう。初心者が指導霊の通信を求める際は招いた指導霊の思念の力に満足すべきであり、他にはあるべきでない。誰の精神も二つのことを同時に深く考えることはできないのだから、霊媒が二人の霊からの異なる思念を同時に受け取ることは不可能である。
 そのようなわけで心霊サークルの会話では「波長の混線」についての会話があるが、出席しているシッターが原因となってそれが起こる可能性は、あり得るかという観点から見ればまずない。このありえなさは、人が思念により他者に影響を及ぼすことがいかに難しいかを考えれば納得できる。考えの違う誰か二人がいれば波長の混線は生まれると言えるのかもしれないが、これには特段危険はなく、むしろ自分なりの意見を持つことは私たちの権利であり、さもなくば私たちはロボットと同じになってしまう―しかしそうではないのだ。
 初心者が霊能養成サークルで座り始めたときは、彼はリーダーの与える指示に従い、その精神はサークルの皆がすることに染まるべきである。そうすれば波長の混線は起こりようがない。シッターがリーダーの指示や方法を受け入れられない場合にはそのサークルから身を引くべきである。
 このようにしてすべてのシッターとリーダー間には幸せな調和と完全な協調状態があるべきである。シッターやリーダーに関する、また他の物事についてのいかなる個人的意見も精神から締め出すべきだ。いかなる養成サークルにおいても最終的な成功はその満足如何にかかっている。