2017年07月02日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より I

指導霊





 霊界には私たちが地上にいるあいだ補助し指導する任務の者がいる。彼らは善き意図を持ち高潔な性格をしている。指導霊が「類は友を呼ぶ」というような、共通の絆を持つ人間に引き付けられる状況にはおそらく様々な真相がある。たとえば音楽に大変喜びを感じる指導霊は生まれつきハーモニーの鑑賞力がある者に付こうと探し求める。霊界の看護師や医師は潜在的にヒーリングの賜物を持つ者に影響を与えようと努力する。他には祈りの指導の目的を持つ霊、科学的アプローチをする霊など、指導霊が付く個人には共通の関心事が一般的に見られる。
 指導霊は愛すべき性格の忍耐強い方々だが、ときに人々への影響力を行使しうるあらゆる機会を探し求めようとするかもしれない。だからこそ自己訓練に関することがきわめて大事だと強調されているのだ―指導霊が招かれた時だけ霊媒の生活過程に緊密に引き付けられるべきことを知る必要があるためである。
 霊媒が指導霊との同調の図りかたおよび指導霊に用いられることに従うことを学ばなければならないように、指導霊もいつどのようにして彼の霊媒を使うかを学ぶ必要があることは思い出されるべきだ。
 霊媒が自分が使われることを期待しているように、おそらく指導霊は彼の霊媒を使うことに満足しているだろう。このつながりにおいて優勢な要素は霊媒の精神である(指導霊に用いられるのは霊媒の顕在および潜在意識の属性であることが思い起こされる)。それゆえもし初心者がだぶん知識の欠如したリーダーシップや真似事を通すことにより、彼の指導霊はくだけた英語で話すべきだと(先に述べた例のように)感じているならば、その指導霊は目的の手段としてとにかく用いるために、その弱点を受忍しているのだ。
 純粋な形の霊媒現象は、指導霊が霊媒の第二の性質のようになり、まったくトランスに入ることなく霊媒の意識の鏡に思念を直感的に投影できることが望ましい。
 よくある主張に「指導霊は私をガッカリさせないでしょう」というものがある。これはもちろんまったくその通りだが、私たちは彼らに能力以上の責任を押し付けるべきではない。全能な指導霊はいない。私たちと同じ人間である彼らは人材を操作できるだけなのだ。指導霊は私たちの抱く問題を理解する力の限りにおいて善き影響力や思念の指示を与え、善き目標へと導くことができる。私たちは指導霊に、バナナの皮で滑るのを防いでほしい、びっしょり濡れていながら風邪をひかないようにしてほしい、サッカーくじを当ててほしい、住む家を見つけてほしい、お客を自分の店に連れてきてほしいといったことを期待すべきではない。
 初心者は「指導霊崇拝」や「私の指導霊があれやこれを言っている」などは避けるべきだ。彼らをありのままに見てみよう。素晴らしい人格を有し、私たちより英知において進歩しているが、私たちと同じ制約がある。霊媒現象において最大の制約は私たち自身なのだ。私たちは原因と結果の法則に則っており、指導霊もこれを変えることはできない。指導霊ははるか先の物的未来について予見することはできない。しかし彼らは私たちの精神に影響を与え、思念の指示を与え、鼓舞し、内心の決意の強さを与えることができる。ときに彼らは差し迫った危険を予知し回避を手助けすることができる。病気による具合の悪さを乗り越えたり、長所を伸ばすのを援助することができる。私たちは彼らを、愛情と確信を持って、心の広い兄弟姉妹と考えることができるが、これを念頭に置きつつ、私たちはその職分外の役目を指導霊に求めることは避けるべきである。