2017年07月09日

ハリー・エドワーズ 『霊能養成の手引き』より J

同調




 初心者が指導霊とコンタクトを取るやりかたは同調という手段である。これについては先に述べたが敷衍することが必要である。
 初心者は同調のしかたを探すのがまず第一の目標であるべきだ。これは最初は難しいようだが、思っているよりは簡単にできる。まさにすべての発達はこれおよび経験から成るのだ。同調する能力の発達が容易であるかは、霊能養成のためのシッティングを通して築かれる親和性の程度にかかっている。経験を積んだ霊媒にとって同調は第二の本性のような形で起きる。もし彼が霊視能力者なら、いつもまず最初に精神の鏡をクリアにして霊のビジョンを受け取るよう同調を図り、そしてたいてい一秒ほどの間にこの状態になることができる。
 初心者は意識活動を放棄し、内奥の精神もしくは霊自体が優勢になるよう、肉体の精神の働きの座を明け渡すことによってこの受身の状態を求めるべきである。霊の源からの映像や言語形式の思念の流入が、霊媒の意識が知覚するために鏡に受け取られるのはこの状態が確立されたときなのだ。
 初期においては初心者は、懐疑心が霊からの心像の流入を妨害しないためにどうすべきかを学ぶ必要がある。それはとてもやりがちで、同調を壊してしまうのだ。指導霊との一体化もしくは親和性は、初心者が「自分自身に聞き入る」のに慣れたときに持続することができ、それでコミュニケーションをスムーズに続けられるのだ。
 これは精神状態のデリケートな調節を必要とし、霊の通信と人間の意識的思念との間に明確な境界はほとんどない。それらは容易に混じり合うのだ。
 初心者はその霊能を促進することが必要なので、起きた思念の流れは真に霊の源からのものであろうとなかろうと、すべて霊から来たものとしてとりあえず受け入れるのがベストである。
 裏返して見れば同じ理由から、たとえトランス状態にあっても述べられたことすべてを指導霊からのものとして受け取ることは賢明ではない。すでに繰り返し注意喚起したように、霊媒がトランスに入り、自分が言ったことやしたことを本当に知らないのはまれなケースで、彼の潜在意識下の知識や欲求は口から出る言葉に影響を与えうるのだ。
 霊の影響下でのいかなる発言も保留し、他の方法による確証を待つのが常に最善の方法である。どのような霊からのアドバイスも常識に照らして注意深く調べ判断を下すのが賢明だ。初心者が自分の指導霊は誰それだと告げられたときには、当面の判断は差し控えつつも受け入れ、そのことを知らない別の霊媒による確証を待つべきである。
 経験を積むと共に、そして指導霊の霊媒の使用により、そのうち養成中の霊媒はコントロール下に受けた直感的な印象や体験が他界からインスパイアされたものかどうか、内なる洞察力により確かめられるようになるだろう。