2016年08月13日

ペルセウス座流星群



昨夜ペルセウス座流星群がピークということで、真夜中に見てきました。
広々開けた観望スポットに行くと、同じ目的の人たちが結構な数どこからともなく集合して、闇のあちこちに点在していて、中には路傍にシートひいてゴロンとあおむけで悠々空を見てる人も。

カップルで来ていた人たちなんかはにぎやかで
「あっ見た見た〜?」
「見逃したー
と超盛り上がり(笑)  楽しそうでした。

私も大きな流れ星を二発見ることができました。
願い事するぞーと待ち構えていたのですが、なぜか気を抜いた瞬間に流れ星は出現

とにかく美しい星空でした。


posted by AMR at 13:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

自発と強制

保育園の園長さんから聞いたのですが、年齢の違う子たちを一緒の組にして保育園で生活していると
下の子の面倒を喜んでみる模範的な年長の子が自然とでてくるそうです。

だからといって「あなたはこの子の面倒をみるのよ」と義務化のようにした園はことごとく
失敗していて、世話するのが苦痛になって「保育園に行きたくない」と朝泣いたりするそうです。

大人にとっても示唆を与える話だと思いました。


posted by AMR at 21:17| どうでもいい話 | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

8の字ダンス



ミツバチは仲間に蜜のありかを教えるのに巣で8の字ダンスをすることはよく知られています。花の蜜を探してあちこちブンブン飛び回っているミツバチの中で、大きな良い蜜源を発見した一匹は帰巣するとダンスをする。すると情報を得た仲間のミツバチは近くの小蜜源には目もくれずそこを目指し皆一斉に飛んでいくそうです。
それで養蜂家はアカシアとかレンゲとか―面白いのではタンポポもありますが―単花蜜を採蜜できるとか。

人間も人それぞれ、花の蜜を探すように自分なりの幸せを目指したり、もしくは見いだせなかったりするわけですが、霊能がある人とか、ちゃんとした霊的知識を正しく伝える人というのは大きな蜜源を見つけて8の字ダンスをするミツバチに似ていると思いました。ほんとの幸せの源とそこに至る生きかたを教えたり考えさせたりできます。

ただ人間はミツバチと違って、教えてもらっても信じず飛んでいかなかったり、近くの蜜で満足して遠くまでいくのをやめたりしますが(苦笑) 


posted by AMR at 15:02| どうでもいい話 | 更新情報をチェックする